このサイトでは、主にマグネット広告が用いられる場所について紹介しています。
ノベルティグッズとしてもよく利用されているマグネットが最も貼られるのは、レシピやメモを貼る機会の多い冷蔵庫です。
また、キッチン周りのスペースやオフィスデスク、車のボディなどにも幅広く貼られています。
ふとした時に目に入る所に貼って貰えるデザインにする事で、お店の情報が無意識で目に入るので、どこに貼られているかというのが実は非常に重要なのです。

マグネット広告が用いられる場所

マグネット広告が用いられる場所 マグネット広告が貼られている場所はたくさんありますが、マグネットは鉄素材に貼りつく習性があるので、貼り付けることができる場所が限られますが、自宅では冷蔵庫やキッチン周り、玄関ドアに貼るケースが多いようです。
主婦は、冷蔵庫やキッチンの作業台などの隅にレシピや買い物、用事ごとなどのメモなどを貼る傾向があります。
強力な磁力で貼りつくことのできるマグネット広告はメモを挟み込むことができるので、主婦が使いやすいノベルティのひとつとも言えます。
仕事中に使う人も意外と多く、オフィスデスクに仕事のメモを貼り付けて使用する人も多いようです。
また、使いたい時にペタッと貼り簡単に剥がせるマグネット広告は車のボディにも使用されています。
私用車と社用車への使い分けが簡単にできるので、外回りする営業マンにとっては便利なアイテムです。

マグネット広告はどの場所に貼ることが多いか

マグネット広告はどの場所に貼ることが多いか 商品やサービスを利用した際あるいは広告で、シート状などのマグネット広告をもらうことがあるかと思います。
これまで、そういった形状のものは、主に水道関係の企業が作って配布していることが多く、水周りおもに冷蔵庫のドアに貼っているという家庭が多いようです。
確かに、冷蔵庫や水周りというのは毎日目にするところですので、そこに貼ることで広告効果は高いものだと言えるでしょう。
ただ単に広告の用途でしか使えない場合には有効性は低くなりますが、メモをはさむことが出来るため、つい便利で捨てられないというのが広告主側にとってもメリットだと言えます。
ただし、性質上磁石がくっつく場所でないと貼れないため、付ける場所が限られてきます。
したがって冷蔵庫があるキッチン以外で可能性として高いのは、玄関ドアなどでしょう。
特に集合住宅で暮らしている人にとっては、水周りのトラブルなど緊急を要する場合には、わかりやすい場所に貼ってあると安心するというのもあります。
近年は水道関係だけでなく通販ショップやリフォーム会社・歯医者さんなどでも活用する企業が増えてきています。
マグネット広告は連絡先が分かりやすいというのも大切ですが、貼っていておしゃれなもの・可愛いものなら違和感がなく、ずっと貼られている可能性が高まります。

マグネット広告に関する情報サイト

マグネット広告